活動報告

「年末の練習試合」を実施しました。

12月29日(火)伊賀市営大山田B&G海洋センターにて、岐阜県の「フレンズ」さん、滋賀県の「姉川Wings」さん「すずらん台の混合小学生チーム」をそれぞれお招きし、練習試合を行いました。

コート2面を使い、ヤングバレーボールチームと小学生チームに別れて、部員全員がプレーすることが出来ました。

今年は特に、コロナ禍でなかなか試合が出来ない中、近隣県とはいえ岐阜県や滋賀県から遠征いただき、この様な機会を作れたことに感謝申し上げるとともに、有意義な一日を過ごせたことが一年の締めくくりとしてうれしく思います。

関係各位のご努力と保護者の皆さんのご理解とご協力があってのことです。誠にありがとうございました。

今後も活動の場をもっと拡げ、安全に注意しながら、勝ちにこだわるチームへと邁進して参ります。

gravis(グラウィス)スタッフ一同


2021年01月01日

第2回 トータルアップ 結 フレンズカップ で堂々の3位入賞

10月31日(土)に岐阜県各務原市「プリニーの総合体育館(各務原市総合体育館)」にて開催されました

 「第2回 トータルアップ 結(むすぶ) フレンズカップ」男子バレーボール大会 に出場してきました。

8月に引き続き、コロナ禍で日頃の練習の成果を発揮する場所を失った子供たちに、またとない機会を与えていただきました。 お声掛けをいただきました、バレーボールクラブ フレンズの立松監督ならびに大会運営を支えていただきました、各務原バレーボール協会ほか大会関係者の方々には、この場をお借りし有難くお礼を申し上げます。
「ほんとうに ありがとうございました!」

さて、この様な素晴らしい舞台で、我がクラブ「gravis」は、堂々の3位入賞を果たしました。

予選リーグでは、2勝0敗でCグループを1位で通過、順位決定トーナメントでは、Aグループ3位とDグループ2位の勝者をストレートで下し準決勝へ、Aグループ1位から勝ち上がってきた「姉川Wings(滋賀県)」と決勝戦進出を掛けて戦いましたが、惜しくも0-2で敗れ ベスト4(3位)となりました。
最後の「姉川Wings」戦では、技術的なレベル差は感じられず、勝負所での気迫の差が勝敗を分けた感じがしました。
まだまだ、伸びしろの多いい「gravis」この経験を糧に更なる飛翔を期待します。

【対戦成績詳細】 参加チームは全12チーム

<予選リーグ> 1位通過
  対 幸田町立北部中学(愛知県) 21-10、21-12 (2-0)
  対 安八町立登龍中学(岐阜県) 21-18、21-12 (2-0)

<順位決定トーナメント> 3位入賞
  対 上郷クラブ(愛知県)    21-08、21-16 (2-0)
  対 姉川Wings(滋賀県)    11-21、16-21 (0-2)

なお、優勝は「姉川Wings(滋賀県)」、準優勝が「掛川スペランツァ(静岡県)」、
   3位が「gravis(三重県)」、「SUPREME ACE(愛知県)」でした。


2020年11月04日

「2020ドリームカップ」中学生バレーボール大会の試合結果

8月30日(日)に「岸和田市総合体育館」にて開催されました

 夢・想いを繋ぐ 「2020ドリームカップ」中学生バレーボール大会 に出場しました。

中学3年生にとっては、コロナ禍の今、ことしになってはじめて積み上げてきたことを発揮できる場が見つかり、大阪への遠征となりましたが素晴らしい大会に出場することが出来ました。
なお、この模様は「月刊バレーボール 10月号」(9/15発売)に、カラー判の2ページで紹介される予定です。

男子の参加チームは、2018年全中の覇者である「私立昇陽中(大阪)」や2017・18年Vリーグジュニア選手権の覇者「パンサーズジュニア(大阪)」ほか近畿圏の強豪5チームが集まって開催されました。

この様な全国レベルの強豪チームが集まる中で我がクラブの対戦成績は、
 一試合目に「TRYM(和歌山)」と対戦し10-25、12-25と0-2で敗戦
 二試合目は「三田ドリーム(兵庫)」と対戦し21-25,16-25と同じく0-2で敗戦
 最後となる、三試合目では「和泉岸和田vbc(大阪)」と対戦し25-17,26-24と2セット目はデュースの末
 2-0ではじめての勝利を勝ち取りました。

対戦成績は1勝2敗となり閉会式では、「敢闘賞」をいただきました。

2020年09月09日

4月19日(日)に体力測定を実施します。

4月19日(日)は、通常の練習に替えて部員の体力測定を実施します。

当日は練習を行わず、発足以来はじめてとなる部員全員の体力測定を実施いたしますので、出来る限りお休みをせず、積極的な参加をお願いいたします。

スタッフ一同

2020年04月15日

4月7日(火)から活動を再開しています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の急速な蔓延が続いておりますが、当グラブでは名張市の対応・対策に則して活動を再開しております。
また、名張市内の小中学校では4月6日以降、感染症防止対策を十分に取った上で、平常の授業を再開しております。

今後につきましては、新型コロナウイルス感染症の広がりや重症度を見ながら適宜、名張市の「新型コロナウイルス感染症対策本部」の動向を踏まえて、見直すことといたします。

当クラブでは活動再開向けて以下のガイドラインを作成しております。
・使用球のアルコール消毒
・体育館の換気
・練習参加者全員の検温結果の確認
・体育館入場時に各自で流水と石けんによる手洗いと手指のアルコール消毒
 ※手を拭くタオルやハンカチ等は個人持ちとして、共用はしないようにお願いいたします。

以上、感染拡大防止に向けて皆様のご理解、ご協力をお願いします。

2020年04月15日

卒団会(中学3年生を送る会)を行いました。

2月16日(日)18時から、HOSスーパーボウル名張で卒団会(中学3年生を送る会)を行いました。
当日は、西川監督と今井宗太主将による始球式で始まり、部員21名が参加してスタッフと一緒に、良き先輩との思い出に残る楽しいひと時を「豪華賞品?」を目指して、ボウリング(2ゲーム)で親交を深めました。


2020年02月18日

「年末練習会」に参加しましたが、、、

2019年の締めくくりとして、三重県松阪地区を中心に12月28・29・30日の3日間に渡り実施されていました「年末練習会」に参加しました。

ただし、28日は部員が揃わず参加辞退を決めておりましたが、29・30日は、想定外の中学生のインフルエンザ感染の影響を受け、小学生を中心としたチーム編成での参加となりました。

本来は、チームとして成り立たない状況であり急遽参加辞退を申し出ましたが、参加チームの顧問の方々のバレーボール競技者への熱い思いとご厚情上に接し、お言葉に甘えて参加することといたしました。

両日は、にわかに作られたチーム編成であり、29日においては部員が6名揃わず、他のチームからご協力いただき、部員をお借りして、試合というものを経験させていただきました。
30日では、三重県・奈良県・岐阜県の各トップレベルにある、嬉野中・菟田野中・アルティ・フレンズの各チームが、試合の練習にもならない我がチームの相手を1日してくださいました。
各チームの顧問の方々には本当に有難く、感謝申し上げます。 誠にありがとうござました。

試合結果はさて置き、参加した部員にはまたとない強豪チームとの対戦を経験させていただき、部員の心の奥深くに刻まれたことと思います。
この貴重な経験を「経験した者から残念ながら経験できなかった者へと」語り繋がれ、次のステージに部員一丸となって飛躍してくれることと思っております。

最後に、3日間のお世話をいただいた、練習会事務担当/新田雅彦先生には大変お世話になりました。
この場をお借りしお礼申し上げます。ありがとうございました。

2020年01月11日

名張・伊賀地区の高校の練習試合に参加してきました。


8月10日(土)伊賀白鳳高校で開催されました、名張・伊賀地区の高校の練習試合に参加させていただける機会を得ましたので、有難く参加させていただくことにしました。
当日は、伊賀白鳳高校と上野高校、名張青峰高校に加え、我がgravisのヘッドコーチが所属する、社会人チーム「おんじゃん」が参加、合計5チームの総当たり(1セットマッチ)戦を行いました。

今回は、ヤングバレーボールの試合と同条件となる5号ボール、ネットの高さが2m43cmでの対戦でした。
日頃の練習の成果を発揮すべく、高校生に臆することなく挑んだ結果、各高校からセットを奪うことが出来ました。
全対戦結果は、以下のとおりです。

なお、高校生の練習試合の場に快く当クラブの参加をご了解いただきました、伊賀白鳳高校バレーボール部監督の鷹尾先生ならびに各校の監督さんにはこの場をお借りし、感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。

対戦全成績 4勝6敗(対高校戦 4勝4敗)
     対 伊賀白鳳高校 21-25、25-20、25-27(1勝2敗)
     対 名張青峰高校 25-23、25-27、25-15(2勝1敗)
     対 上野高校   19-25、25-23      (1勝1敗)
     対 おんじゃん  13-25、10-25      (0勝2敗)

2019年08月15日

中学合同練習会に参加してきました。

7月7日(日)、松阪市の三重高校で行われた中学合同練習会に参加して来ました。

参加チームは、石川県の大徳中学、大阪府の能勢中学、奈良県からは三笠中学と榛原&都祁中学の合同チーム、さらに県内の嬉野、東部、明和中学と三重高校が参加し、我が gravis を入れて、全9チームでの総当たり(1セットマッチ)を行いました。

初戦となった嬉野中(三重県ベスト8)とは、終盤まで接戦を繰り広げ、22対25と苦杯を期しましたが、その後の榛原&都祁中、明和中、三笠中には勝利し、午前中は3勝1敗で終えました。
午後からは、結成間もない我がチームは連戦の疲れに加え、高校生との対戦であったり、チーム力に勝る東部中や金沢の強豪チームの大徳中と、格上のチームと戦うことになりましたので、残念なことに我が gravis は徐々に自分達のミスが目立ち始め、結果2勝4敗で終えることになりました。

当日の最終結果は、5勝5敗とイーブンとなりましたが、何よりも結成間もないチームとして、この経験は今後の何かの糧になることと信じております。
また、ヤングバレーチームとして、目指すところはもうひとつ上のレベルであり、まだまだこれからだということも痛感させられました。

当日は、保護者の方々におかれましても、暑い体育館の中で長時間にわたり、観戦・応援いただき誠にありがとうございました。
きっと、選手たちもそれぞれに何かを掴み取って帰ってくれたと思っております。

また、新田雅彦先生のご厚情で、この様な県内外のチームや高校との良い繋がりを持つことが出来ましたこと、大変うれしく思っております。
この場をお借りして深く感謝の意を表したいと思います。
ありがとうございました。

今後もこういった機会を増やし、より良い経験が出来る機会を創造し、選手各々が、またチームが大きく羽ばたき、成長し続けていけるよう、スタッフ一同頑張ってまいりますので、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

対戦全成績
     対 嬉野中 22-25      対 榛原&都祁 25-12
     対 明和中 25-10      対 三笠中   25-21
     対 東部中 20-25      対 能勢中   25-23
     対 三重高 11-25      対 大徳中   16-25
     対 嬉野中 17-25      対 明和中   26-24(10点から開始)

2019年07月10日

練習を開始しました。

4月23日(火)19時から 名張中学校の体育館にて、練習を開始しました。
十数名の小学生・中学生が練習に参加され、21時までの2時間でみっちりと汗を流されました。

2019年04月24日